Array ( [flag] => 1 [day] => 11月28日(木) [time_s] => 10:25 [time_e] => 11:05 [no] => Keynote6 [ssn_ttl] => 我々は明日から何をすべきか? - IAB Tech Labと語る、海外における広告品質のトレンドと日本の目指すべき未来 - )
デニス バッカイム
IAB Tech Lab
Executive Vice President , General Manager

デニス・バッカイム氏はIAB Tech LabのExecutive Vice President とGeneral Managerを務め、サンフランシスコのIABオフィスを拠点としています。デジタル広告業界の標準化団体であるIAB Tech Labの取締役および会員と密に協力しながら、全プロダクト、開発、および運用チームを指揮しています。
直近ではIABのData & Ad EffectivenessのSVPであり、Data Center of Excellenceおよび、その顧客識別子、データ品質、業界/組織の基準、データアクティベーションやあらゆる自動化のためのツールに関する取り組みの責任者でした。同時に、IABの計測やアトリビューションへの取り組みを強化しました。
デニス氏は2002年よりデジタル広告に注力してきました。IABおよびIAB Tech Labに入社する以前は、Yahoo! Inc.(以下Yahoo)において Product ManagementのVPでありディスプレイ/ビデオ広告プラットフォーム、ターゲティング、計測とインサイト、そして信頼と安全に関する責任者でした。Yahooに移る以前はMicrosoft Corporation(以下Microsoft)にて広告のシンジケーションとSearch Productsを担当した後、Display MonetizationのGMに昇進し、Microsoftのアドエクスチェンジとアドネットワークのプロダクトマネージメントを担当しました。その後、ディスプレイ広告のプログラムマネージメントを担当。デニス氏にとって広告事業でのはじめての仕事はInktomiのペイドインクルージョン事業のGM としてで、Yahooによる買収後の事業成長に貢献しました。(Yahooでの最初の業務となりました)その後、Yahoo/Overtureのパートナー向けのプロダクトマーケティングを指揮しました。広告事業に携わる以前は業界大手であるApple Inc.とOracle Corporationにて消費者および企業向けソフトウェアを設計、開発。スタートアップ企業、Actioneer, Inc.の開発を担当。また、共同設立したのちInterwoven に買収されたiHarvestにてプロダクトマネージメントとマーケティングを担当しました。デニス氏は、ブラウン大学にてコンピューターサイエンスと経営経済学の2つの学位を取得しています。

参加セッション

11月28日(木)10:25-11:05

[Keynote6] 我々は明日から何をすべきか? - IAB Tech Labと語る、海外における広告品質のトレンドと日本の目指すべき未来 -

Share
#adtechtokyo

  • Twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • LinkedInでシェア
Top